種類や違いから審査の難易度まで、事業資金の調達方法徹底ガイド

TOP » 悩み別・ファクタリングに頼りたい資金繰りのシチュエーション » 給料が払えない

給料が払えない場合のファクタリング利用

本ページでは、ファクタリングを利用したいケースとして、従業員の給料が払えないという事態を取り上げ、解説していきます。

会社の経営者として、従業員への給料が払えないという事態は、まさに考えたくもないケースですね。とりわけ、日本人ならではの気性として、こうした事態を恥ずべきことと考えてしまうケースも多いようです。

なかには、自分の生命保険で賄うしかないと思いつめた挙句に・・・・・というケースもドラマや小説だけではなく実際にあるそうです。もちろん、そんなことを考えるくらいなら、その前にやるべきは、ファクタリングです。

そもそも、従業員を抱えているということは、それだけの仕事があるということ。そうでなければ、とっくに人員整理を余儀なくされているはずです。それにも関わらず、従業員に給料が支払えない状態となってしまうのは、本来入手できているはずの利益が、売掛金という時間的なずれによって、ある種のエアポケットにはまっているに過ぎないのです。

そんな状態を解消するための有効手段こそ、ファクタリングに他なりません。

実は多い、ファクタリング申し込み事例

日本では、長らく手形取引が主流だった歴史があるため、ファクタリングという手段に、まだまだ馴染みが薄いというのが現実です。それこそ、何やら得体のしれないもの、手を出すべきでないものと思われてしまっている方も少なくないことでしょう。

しかしバブル崩壊以降の手形取引の落ち込みにより、売掛金の早期現金化を求めるニーズは高まり続けており、そうしたなかで注目されたのが、欧米などで普及していたこのファクタリングという方式なのです。現在、日本においても活用事例は増え続けています。

例えばあるIT企業では、ある取引先の倒産により債権回収不能となってしまったそうですが、その他の取引先の企業とは商売が順調だったので、その売掛金をファクタリングで現金化することで、給与未払いを回避できたのだそうです。

給料が払えない原因はキャッシュフローの問題

以上の通り、ビジネスそのものは順調なのに、給料の支払いが困難になってしまうのは、ひとえにキャッシュフローが正常な状態になっていないということです。もちろんこれは、取引先の都合や慣例、商習慣といったものも関わってくるので、自社だけで解決できるものではありません。

そこで利用すべきなのがファクタリング。キャッシュフローを改善できるというのは、ファクタリングの大きなメリットなのです。ぜひ、給料の未払いが起こる前に手を打ってみてください。

今からできる
資金調達方法チェックシート

売掛金がある

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

手数料は抑えたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

取引先に知られたくない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

審査に自信がない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

借金がある

  • YES
  • NO

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

ファクタリングでクリーンな資金調達

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

安心の2社間ファクタリングなら

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

3社間ファクタリングで堂々と資金調達

診断結果:ビジネスローン

おすすめの会社

セゾンファンデックス

とにかく早く現金化

診断結果:銀行融資

おすすめの会社

三井住友銀行セレクトビジネスローン

負債がなければ銀行融資

診断結果:国民政策金融公庫

おすすめの会社

時間があるなら頼みたい

該当するものがありませんでした

診断をやり直す

リセットする