種類や違いから審査の難易度まで、事業資金の調達方法徹底ガイド

TOP » 悩み別・ファクタリングに頼りたい資金繰りのシチュエーション » 固定資産税が払えない

固定資産税が払えない場合のファクタリング活用

本ページでは、ファクタリングを利用したいケースとして、固定資産税が払えないという事態から取り上げ、解説していきたいと思います。

「人間は死と税金から逃れることはできない」という言葉があります。まさに真理をついていると言えますね。そしてこれは、会社の経営者であれば、なおさら心しておかなければならないことでもあります。

これまた本サイトで繰り返し述べています通り、ビジネスそのものはちゃんと回っているのに、資金繰りが上手くいかないというのは、往々にして起こりえます。そうした場合、ついやってしまいがちなのが税金の滞納。とりわけ固定資産税の滞納です。もちろんこれは、避けるべき行為になります。

もしも、固定資産税を滞納してしまうと…

こ存じの通り、固定資産税とは、土地や建物など、文字通り固定された資産に対してかかる税金です。会社の建物や土地の場合であっても、個人所有の場合と同じく、課税の対象となるのです。もしも滞納してしまった場合、どうなるかご存知でしょうか?まずは、税務署からの督促状が送られてきます。

それでも滞納を続けると、財産が差し押さえられ、競売にかけられてしまうということに。もちろん、会社の場合であれば、業務が強制的に停止させられてしまうということでもあります。決して甘く考えてはならないことだというのが、お分かりいただけますね?

金融機関との取引も停止に!

そしてもうひとつ、固定資産税の滞納で起こることとして、金融機関との取引も停止されてしまうという点も見逃せません。経営者にとってはダブルでパンチをくらってしまうようなものです。

ビジネスをする上で必要な融資なども、それ以降は受けられなくなってしまうということですので、経営者としては絶対に避けなければならないことなのです。

固定資産税の滞納を回避するために、検討しておきたいのがファクタリングです。例えば売掛金が3ヶ月先、あるいは半年先に支払い予定といった場合でも、所定の手数料を支払えば、数日程度で現金化することができるのです。

そうして納税を行えば、会社の信用度を下げることなく、将来的に融資を受けることができる状態を保つこともできます。くれぐれも、税金滞納を甘く見ることはしないでください。

今からできる
資金調達方法チェックシート

売掛金がある

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

手数料は抑えたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

取引先に知られたくない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

審査に自信がない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

借金がある

  • YES
  • NO

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

ファクタリングでクリーンな資金調達

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

安心の2社間ファクタリングなら

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

3社間ファクタリングで堂々と資金調達

診断結果:ビジネスローン

おすすめの会社

セゾンファンデックス

とにかく早く現金化

診断結果:銀行融資

おすすめの会社

三井住友銀行セレクトビジネスローン

負債がなければ銀行融資

診断結果:国民政策金融公庫

おすすめの会社

時間があるなら頼みたい

該当するものがありませんでした

診断をやり直す

リセットする