種類や違いから審査の難易度まで、事業資金の調達方法徹底ガイド

TOP » 悩み別・ファクタリングに頼りたい資金繰りのシチュエーション » 必要な運転資金が足りない

必要な運転資金をファクタリングで確保する方法

本ページでは、ファクタリングを利用したいケースとして、必要な運転資金を確保するという観点から取り上げ、解説していきたいと思います。

そもそものお話として、企業というものは、利益を上げることが存在理由であり使命です。そうでなければ、従業員に給料を支払うことはできず、その家族の生活も成り立たなくなってしまいます。そして、企業が利益を上げるためには、運転資金というものが必要になってきます。

例えば自動車メーカーであれば、材料メーカーや部品メーカーから仕入れを行い、工場で加工や組立を行い、完成した車を販売するという一連の流れには、相応の費用というものがかかります。決して、お金をかけずにこれらのことが行えるわけではありません。

もちろん順調に利益を上げられていれば、この運転資金もキチンと確保できているはずです。しかし、そう単純にはいかない場合も、往々にしてあるのが現実です。

必要な運転資金が足りない、という事態はなぜ起こる?

企業にとって理想的なのは、販売によって得られる利益を仕入代金の決済より先に回収し、仕入代金の決済に充てて、会社の儲け分も確保するというやり方です。しかし、実際の経済活動においては、売上代金の回収が仕入代金の決済よりもタイミング的に遅れてしまうというのは珍しくありません。

立場の弱い下請け業者ほど、その傾向が顕著なことでしょう。加えて、とくに製造業などにおいては、原料や商品の在庫は常に一定量を保有しておく必要にも迫られます。

こうしたことがタイミング悪く重なると、もともと資金力に余裕があるわけではない企業は、たちまち、運転資金不足という状態に陥ってしまうのです。そうなると新たな利益を生み出すための仕事を回すことが困難になり、負のスパイラルへと転落していってしまうのです。

こうした場合に、金融機関から、いわゆる「つなぎ融資」を受けることができれば、急場の運転資金を確保することもできるでしょう。

しかし、金利の低い銀行ローンは審査に1ヶ月や2ヶ月かかることもザラ。逆に審査が比較的ゆるいノンバンク系のビジネスローンは、金利が高くなり、かえってそのことが経営を圧迫しがちです。そこで活用したいのが、他ならぬファクタリングなのです。

ファクタリングで売掛金を運転資金に転換

本サイトでも繰り返しご説明しています通り、ファクタリングとは、支払いが先となっている売掛金を、専門業者に手数料を支払うことで、本来の支払い日より前倒しして現金化するという方法です。

重要なポイントは、あくまで本来入手できるお金を早めに得られるようにする手段であり、新たに借金をするわけではないという点。逆に言えば、金融機関からの借り入れがこれ以上できないという場合でも、すぐに必要な運転資金に活用できるということでもあるのです。

運転資金不足の事態に直面しそうな場合は、まずファクタリングの実施を検討してみてください。

今からできる
資金調達方法チェックシート

売掛金がある

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

手数料は抑えたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

取引先に知られたくない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

審査に自信がない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

借金がある

  • YES
  • NO

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

ファクタリングでクリーンな資金調達

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

安心の2社間ファクタリングなら

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

3社間ファクタリングで堂々と資金調達

診断結果:ビジネスローン

おすすめの会社

セゾンファンデックス

とにかく早く現金化

診断結果:銀行融資

おすすめの会社

三井住友銀行セレクトビジネスローン

負債がなければ銀行融資

診断結果:国民政策金融公庫

おすすめの会社

時間があるなら頼みたい

該当するものがありませんでした

診断をやり直す

リセットする