種類や違いから審査の難易度まで、事業資金の調達方法徹底ガイド

TOP » 悩み別・ファクタリングに頼りたい資金繰りのシチュエーション » 人件費が高すぎるので削減したい

人件費削減を回避するためのファクタリング活用

本ページでは、ファクタリングを利用したいケースとして、人件費削減の回避という観点から取り上げ解説していきたいと思います。

率直に申し上げてしまいますと、人件費削減のために人員を解雇するというのは、経営者として最も避けるべきことです。それこそ、その従業員が犯罪や背信行為でも起こしたというのでもないかぎり行うべきではありません。くれぐれも早計な判断は謹んでください。

人件費・労務費を削減しないと会社が回らない…本当にそうですか?

それこそ、経験の浅い新人さんであっても、長い経験を持つベテランの方であっても、従業員というのは、会社にとって利益をもたらすための原動力となってくれる功労者です。そうした人たちがいなくなったとして、働いてくれていたときと同じだけの利益を得ることができるでしょうか?

あえて忌憚なく申し上げてしまいますが、本来会社を支える人たちの人件費が払えなくなってしまうのは、会社そのものが倒産に片足を踏み出している状態です。そんな状況で、そこからの回復をサポートしてくれる人材を切ってしまうというのは、自分で自分の首を締めているようなもの。

仮にそうやって人件費や労務費を削って急場を回避したとしても、一時しのぎにすぎません。はっきり言って、焼け石に水です。もう一度繰り返しましょう、従業員を減らしたことで、その人たちがいたときと同じだけの利益を上げることができますか?このことを、しっかりと考えてみてください。

ファクタリングによって、人件費削減を回避

その上でどうすべきか、検討すべき筆頭はファクタリングです。現金化できていない売掛金があるなら、それを現金化して、人件費削減を回避してください。本サイトでご説明しております通り、ファクタリングはあくまで本来手にできるお金を、手数料を支払うことで早めに手にできるようにする手段にすぎません。

何ら恥じる必要はなく、また借金をするわけでもありません。躊躇う必要はどこにもないのです。会社としての作業効率・生産能力はきちんと維持した上で、他の方法でコストカットを計りながら、業績回復に務めるべきです。

くれぐれも、安直な人件費削減で窮地を乗り切ろうとはしないでください。仮にその場をしのぐことができたとしても、そのツケは大きくなってしまうだけです。

今からできる
資金調達方法チェックシート

売掛金がある

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

手数料は抑えたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

取引先に知られたくない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

審査に自信がない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

借金がある

  • YES
  • NO

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

ファクタリングでクリーンな資金調達

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

安心の2社間ファクタリングなら

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

3社間ファクタリングで堂々と資金調達

診断結果:ビジネスローン

おすすめの会社

セゾンファンデックス

とにかく早く現金化

診断結果:銀行融資

おすすめの会社

三井住友銀行セレクトビジネスローン

負債がなければ銀行融資

診断結果:国民政策金融公庫

おすすめの会社

時間があるなら頼みたい

該当するものがありませんでした

診断をやり直す

リセットする