種類や違いから審査の難易度まで、事業資金の調達方法徹底ガイド

TOP » 悩み別・ファクタリングに頼りたい資金繰りのシチュエーション » 次の仕入れができない

赤字経営の解消、防止のためのファクタリング

本ページでは、ファクタリングを利用したいケースとして、赤字経営の解消、防止という観点から取り上げ、解説していきたいと思います。

とある有名な経営者の方のエピソードをひとつご紹介しましょう。急逝されたお父上から会社を受け継ぎ、ガムシャラに頑張っていた折りに、ビジネス拡大のビッグチャンスが巡ってきたものの、資金不足のせいでそのチャンスを逃してしまったことがあったとのこと。

後になって、その当時のことを「美女が裸で隣にいるのに、なにもできないという辛さだった」と喩えていました。ちなみにこの方はその後、別のチャンスをものにしていき、会社を拡大していきました。

このケースはあくまで結果オーライですが、すべてのケースでそうなるとは限りません。むしろ、こうしたチャンスを逃してしまうと、会社の赤字転落や最悪倒産ということも考えられます。

とりわけ、ビジネス自体は順調なのに、売掛金の現金化までのタイムラグが原因で次のビジネスのための仕入れができないという事態は、理不尽とすら感じてしまいますよね。そうした場合の解決策としてぜひ利用したいのが、ファクタリングなのです。

ビジネスチャンスを逃すことで陥る悪循環

実際に会社を経営されている方には釈迦に説法ではありますが、ビジネスチャンスというものはまさに水物であり、チャンスをものにすると次のチャンスが訪れ、逆にチャンスをモノにできなければ、なかなかその次がやってこないというものです。

ましてや、そのチャンスを、手持ちの資金がないために活かすことができないという事態は、悔しさにも程がありますね。

たとえば製造業で大口の注文を依頼され、技術的、能力的にもそれに応えられるのに、肝心の材料を仕入れるお金がない・・・経営者にとっては、歯ぎしりどころではすみません。それどころか、このチャンスをふいにしてしまうことで、その他の依頼主からも敬遠されるという事態も予測されます。

こうした悪循環は一度はまると、なかなか抜け出せないものです。

悪循環脱却のチャンスは、ファクタリングにあり

こうした負の連鎖を断ち切るために有効なのが、他ならぬファクタリングなのです。たとえば、現金化が3ヶ月先、半年先という売掛金があるのであれば、専門業者に依頼し現金化を前倒して、仕入れ金や設備投資として目の前にある依頼のために活用することができます。

そうしてチャンスをモノにしていけば、赤字からの脱却や転落防止といったことにも繋がり、ひいては好循環への道筋も見えてきます。資金難でチャンスをものにできないという場合には、ぜひファクタリングを有効活用してみてください。

今からできる
資金調達方法チェックシート

売掛金がある

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

手数料は抑えたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

取引先に知られたくない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

審査に自信がない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

借金がある

  • YES
  • NO

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

ファクタリングでクリーンな資金調達

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

安心の2社間ファクタリングなら

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

3社間ファクタリングで堂々と資金調達

診断結果:ビジネスローン

おすすめの会社

セゾンファンデックス

とにかく早く現金化

診断結果:銀行融資

おすすめの会社

三井住友銀行セレクトビジネスローン

負債がなければ銀行融資

診断結果:国民政策金融公庫

おすすめの会社

時間があるなら頼みたい

該当するものがありませんでした

診断をやり直す

リセットする