種類や違いから審査の難易度まで、事業資金の調達方法徹底ガイド

TOP » 悩み別・ファクタリングに頼りたい資金繰りのシチュエーション » 手形が落ちない

手形の不渡り回避のためのファクタリング活用

本ページでは、ファクタリングを利用したいケースとして、不渡り手形を回避したいという事態から取り上げ、解説していきたいと思います。

会社を経営されている方に対して言うまでもないことではありますが、ビジネスというものは、売上だけを得られるというものではなく、支払いがついてまわるものです。

それゆえに、長年日本におけるビジネス慣習として行われてきたのが、手形による取引です。ただし、これはあくまで取引先同士の信頼関係があるという前提があってこそ成り立つもの。そして一度、不渡りを出してしまうと、その信頼関係はあっけなく、いとも簡単に崩れてしまいます。

手形の不渡りは会社経営にとって大きな打撃

実はバブル経済が弾けて以降、日本では手形による取引は減少し続けており、ある統計によれば、その件数は全盛期の10分の1までになっているとか。いささか世知辛い風潮ですが、その一方で、今なお手形による取引を根強く続けている会社も多数あります。

これまでの信頼関係や実績があってこそですが、一度でも不渡りを出してしまうと、その相手との関係が崩れるだけではなく、経営者として失格の烙印を押されると言っても過言ではありません。実際、不渡りを出してしまったあとに復活できたという例は、まったくないわけではありませんが、非常に限られています。

手形取引を行うなら、不渡りは絶対に避けなければなりません。

ファクタリングを賢く利用し、手形の支払いに充当

では、手形の支払い期日が迫っているのに、そのお金がない。金融機関からの融資も限度額一杯で無理、あるいは審査を待つ時間がない。そのような場合には、積極的にファクタリングを利用すべきです。

手形とは逆に、本来自社に支払われる予定の売掛金があれば、その支払い予定日に先んじて現金を入手できるのが、ファクタリングのメリットです。また、借金をするわけではないので、それ以後の融資の審査にも何ら影響はもたらしません。取引先との関係・信頼維持のためにも、賢く活用すべきです。

今からできる
資金調達方法チェックシート

売掛金がある

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

手数料は抑えたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

取引先に知られたくない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

審査に自信がない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

借金がある

  • YES
  • NO

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

ファクタリングでクリーンな資金調達

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

安心の2社間ファクタリングなら

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

3社間ファクタリングで堂々と資金調達

診断結果:ビジネスローン

おすすめの会社

セゾンファンデックス

とにかく早く現金化

診断結果:銀行融資

おすすめの会社

三井住友銀行セレクトビジネスローン

負債がなければ銀行融資

診断結果:国民政策金融公庫

おすすめの会社

時間があるなら頼みたい

該当するものがありませんでした

診断をやり直す

リセットする