種類や違いから審査の難易度まで、事業資金の調達方法徹底ガイド

TOP » ファクタリングが事業資金の調達に優れている4つの理由 » 2.時間をかけずに現金化できる

ファクタリングは現金化が早い

現金化が早いのも、ファクタリングの利点

本ページでは、ファクタリングのメリットのひとつである、現金化が早いという点にスポットを当てて、詳しくご紹介していきたいと思います。

ファクタリングは現金化が早いというのには、実は2つの意味があります。ひとつは、売掛金を、本来の支払い日より前倒しして現金化できるという意味での「早い」。会社間の取り決めにもよりますが、例えば30日や60日、あるいは180日先という場合もありえます。そうした期日を「短縮」できるというのが「早い」のひとつの意味です。そしてもうひとつの意味が、業者に融資を依頼して現金化されるまでが「早い」ということに他なりません。詳しく見ていきましょう。

融資の速度はファクタリングが圧倒的

厳密に言えば、ファクタリングは融資ではなく、手数料を支払っての売掛金権利の買取依頼ですが、ここでは便宜的に融資ということにしておきます。さて、資金調達のスピードという点では、ファクタリングは数ある融資の中でも、かなりスピーディと言えます。例えば、銀行によるプロパー融資の場合は、審査期間が1~2ヶ月かかるというのもざらです。日本政策金融公庫など政府系金融機関の場合でも、プロパー融資ほどではありませんが、審査にそれなりの期間が必要となります。その点、ファクタリングの場合は売掛金の振り出し先企業の業態や業績、規模などにもよりますが、最短で即日、普通は数日程度で融資(正確には現金化)ができます。支払い期日が迫っている場合などには、まさにうってつけと言えます。

スムーズに融資を進めるためには・・・

ファクタリングを専門業者に依頼する場合も、他の融資ほどではありませんが、準備しておかなければならないものがあります。自社の年商や利益、借入金額財などの財務状況や代表者の情報などです。しかし、ファクタリングでより重要視されるのは、当然ながら売掛先の情報です。また重要なのは、ファクタリングを行うことを売掛先が合意しているのか、あるいは秘匿しているかという点です。それによって、2社間か3社間かを選ぶ必要が生じますので、事前にはっきりとさせておくべきです。

ビジネスローンとファクタリングで融資スピードに差はある?

融資スピードという点で見ますと、ファクタリングとノンバンク系ビジネスローンには、さほど大きな差はありません。しかし、ビジネスローンは借り入れであるのに対し、ファクタリングが売掛金の現金化前倒しです。単純に早いかどうかだけではなく、こうした性質の違いも踏まえておくことが重要です。「1.銀行から融資を受けられるようになる」のページでも述べています通り、会社のその後の融資審査や信用情報にも関わってきますので、注意が必要です。

本サイトおすすめの事業資金調達方法はこちら

今からできる
資金調達方法チェックシート

売掛金がある

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

手数料は抑えたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

取引先に知られたくない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

審査に自信がない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

借金がある

  • YES
  • NO

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

ファクタリングでクリーンな資金調達

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

安心の2社間ファクタリングなら

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

3社間ファクタリングで堂々と資金調達

診断結果:ビジネスローン

おすすめの会社

セゾンファンデックス

とにかく早く現金化

診断結果:銀行融資

おすすめの会社

三井住友銀行セレクトビジネスローン

負債がなければ銀行融資

診断結果:国民政策金融公庫

おすすめの会社

時間があるなら頼みたい

該当するものがありませんでした

診断をやり直す

リセットする