種類や違いから審査の難易度まで、事業資金の調達方法徹底ガイド

TOP » ファクタリングが事業資金の調達に優れている4つの理由 » 4.他の融資に比べて審査が通りやすい

ファクタリングと融資を審査の面から検証

審査の面でも、ファクタリングは融資より有利

本ページでは、ファクタリングのメリットのひとつとして、審査の面での、他の融資との違いについて解説していきたいと思います。

設備投資や仕入れ金、あるいは法人税や給与支払いなど、会社を運営するにあたって資金が必要です。その調達方法として、各種融資があるわけですが、そこには「審査」というハードルが待っています。そしてこれまた言うまでもないことですが、ひと口に融資の審査と言っても、ピンからキリまであり、厳しさの度合いは、実に様々です。それこそ100の融資があれば100通りの審査があるわけですが、以下に、その厳しさの傾向を見ていきましょう。

審査の厳しい順で見る、融資の種類

融資の審査が一番厳しいのはずばり、銀行によるプロパー融資になります。経営者の個人情報や会社の決算書などはもちろん、様々な資料の提出を求められ、審査機関も1ヶ月~2ヶ月程度かかるのもざらです。

それに次ぐのが、かつての国民政策金融公庫、現在の日本政策金融公庫の融資です。提出書類や審査期間は、プロパー融資ほどではありませんが、それなりのものが求められます。

そして一番低いのがビジネスローン、とりわけノンバンクが実施しているものです。条件さえ合致していれば、最低限の書類提出だけで、早ければ即日、通常でも数日程度で審査が完了します。

一方、ファクタリングはどうかと言えば、期間的にはビジネスローンとほぼ同等です。しかし、ビジネスローンとは大きく異なる点があります。

ファクタリングの審査の基準とは?

ファクタリングの審査でより重要とされるのは、依頼主の会社よりも売掛先の会社の状況です(もちろん依頼主の会社も一定の審査はされますが)。つまり、ファクタリングの審査は、自社の状況よりも、売掛先によって大きく左右されるという点が大きく異なります。それこそ、社歴や実績の浅い売掛先の場合に、審査が通らないということもありえます。この点が最大の考慮すべき点と言えるでしょう。

ファクタリングの実施例

では、実際にファクタリングを利用して資金を調達できたという例をご紹介しましょう。例えば製造業のA社では、材料や工場の水道光熱費などの経費が経営を圧迫している状態でしたが、売掛金のある会社が優良企業だったため、ファクタリングで即日現金化ができたとのこと。また建設業のB社では、元請けの支払いが遅いため、外注先への支払い目的で、ファクタリングを利用し、2日で現金化ができたとのことです。

いわゆる「つなぎ資金」を確保するには、ファクタリングが有効であるというのが、お分かりいただけるのではないでしょうか。

本サイトおすすめの事業資金調達方法はこちら

今からできる
資金調達方法チェックシート

売掛金がある

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

手数料は抑えたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

取引先に知られたくない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

審査に自信がない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

借金がある

  • YES
  • NO

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

ファクタリングでクリーンな資金調達

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

安心の2社間ファクタリングなら

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

3社間ファクタリングで堂々と資金調達

診断結果:ビジネスローン

おすすめの会社

セゾンファンデックス

とにかく早く現金化

診断結果:銀行融資

おすすめの会社

三井住友銀行セレクトビジネスローン

負債がなければ銀行融資

診断結果:国民政策金融公庫

おすすめの会社

時間があるなら頼みたい

該当するものがありませんでした

診断をやり直す

リセットする