種類や違いから審査の難易度まで、事業資金の調達方法徹底ガイド

TOP » ファクタリングが事業資金の調達に優れている4つの理由 » 1.銀行から融資を受けられるようになる

ファクタリングの、銀行融資の資金繰りへの影響

ファクタリングと、銀行融資の資金繰りとの関係とは?

本ページでは、資金繰りにおいてファクタリングが銀行融資にどのような影響を及ぼすのかという観点から、そのメリットを解説していきたいと思います。

ファクタリングによる資金繰りを行なった場合でも、それは借入・借金とはみなされません。会社の信用情報に影響はありませんので、その後に銀行融資を受けるという場合にも、審査に影響することはありません。この点こそが、ファクタリングが「銀行融資が受けられる資金繰り」と呼ばれる所以であり、銀行系であれ、政府系であれ、ノンバンク系であれ、金融期間から借金をする訳ではない、という点が大きなポイントなのです。

銀行融資を有利に進める資金繰りはファクタリング

今一度おさらいしておきましょう。ファクタリングとは、商品やサービスを提供し終わっているものの、その代金支払いがまだ先となっている売掛金を、専門業者に依頼して、支払い日より前倒しして現金化するという方法です。つまり、本来手にする権利のあるお金を早めに手にできるよう、専門会社にサポートしてもらっているだけで、新たに借金をしたのではありません。

一方、ファクタリングを使わずにその分の資金調達を、銀行系であれ、ノンバンク系であれ、金融機関からの借り入れで賄った場合は、当然ながら負債とみなされます。ここまで言えば、お分かりでしょう。その後に改めて銀行融資を受けようとした場合、審査に少なからす影響を与えてしまうことになるのです。ファクタリングできる売掛金がないという場合はさておき、ある場合は、融資よりもまずファクタリングなのです。そのことが、後々融資をより有利にしてくれるということを、留意しておいてください。

融資で資金繰りをスムーズに、キャッシュフロー改善

もうひとつ注目すべきメリットとしては、キャッシュフローの正常化。帳簿の上で経営が順調にいっているように見えても売掛金の入金が先で、直近で必要な資金を動かすことができずに、次の仕入れや運転資金が足りなくなってしまったという事態になることがあります。ファクタリングであれば、新たに借金をすることなく、現金を調達することが可能です。ファクタリングを利用したとしても、メインバンクや他の借入先に知られることはなく、信用情報への影響もありません。

ファクタリングには大きな利点として、利用したとしてもその後の銀行融資に影響を与えないという点があります。資金繰りが必要な場合、利用できるのであれば、新たに借り入れするよりも積極的に利用すべきなのです。

今すぐできるおすすめの事業資金調達方法はこちら

今からできる
資金調達方法チェックシート

売掛金がある

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

手数料は抑えたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

取引先に知られたくない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

審査に自信がない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

借金がある

  • YES
  • NO

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

ファクタリングでクリーンな資金調達

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

安心の2社間ファクタリングなら

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

3社間ファクタリングで堂々と資金調達

診断結果:ビジネスローン

おすすめの会社

セゾンファンデックス

とにかく早く現金化

診断結果:銀行融資

おすすめの会社

三井住友銀行セレクトビジネスローン

負債がなければ銀行融資

診断結果:国民政策金融公庫

おすすめの会社

時間があるなら頼みたい

該当するものがありませんでした

診断をやり直す

リセットする