種類や違いから審査の難易度まで、事業資金の調達方法徹底ガイド

TOP » ファクタリングが事業資金の調達に優れている4つの理由 » 3.ファクタリングの勘定科目・貸借対照表をスマートにできる

ファクタリングの勘定科目としての扱い

ファクタリングは、勘定科目・貸借対照表の上でも利点

本ページでは、ファクタリングのメリットとのひとつとして、勘定科目・貸借対照表をスマートにできるという点についてご紹介していきたいと思います。

本サイトで繰り返し述べています通り、ファクタリングとは、一種の債権買取サービスのことです。商品やサービスを提供し終えているものの、支払サイトが長い取引先相手の場合、その売掛金が現金化されるまでのタイムラグが生じてしまいます。そうした場合、その売掛金を専門業者に依頼して、現金化を前倒ししてもらうことがファクタリングなのです。つまり、借金をする訳ではないという点が大きなポイントになります。

ファクタリングの勘定科目はどうなる?

それ故に、大きなポイントとなるのが、ファクタリングによる資金調達は、勘定科目や貸借対照表において、負債や借入金として記載しなくて済むということになります。事実、ファクタリングはあくまでも手数料を支払って債権を現金化するのであって、借金をしている訳ではないので、なんら不正経理ということになりません。この点は、キャッシュフローの改善ができるとして、ファクタリングならではのメリットとして挙げられている位なのです。

貸借対照表をすっきりさせて融資を有利に

そして、このメリットは、キャッシュフローの改善という一次的な目的だけでなく、二次的な目的も果たしてくれます。言うまでもなく、貸借対照表(バランスシート)上で、負債が減ることになりますので、後に改めて金融機関に融資を申し込む際も、審査や条件をより有利にできるのです。仮に同じ金額をビジネスローンで賄った場合は、逆に負債項目が増えてしまい・・・ということになってしまいます。繰り返しますが、売掛金がある場合には、まずファクタリングを検討するのが賢明です。

ファクタリングを使った後の勘定科目例

では一例として、ファクタリングを行った場合に勘定科目はどうすればよいのかに触れていきましょう。仮に売掛金が1,000万円、ファクタリングの手数料が5%だとした場合、以下のようになります。

なお、これはあくまで一例であり、会社によって仕訳や勘定科目は違ってくる場合もあります。実際の処理のしかたは、税理士や会計士と相談するのがよいでしょう。

本サイトおすすめの事業資金調達方法はこちら

今からできる
資金調達方法チェックシート

売掛金がある

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

手数料は抑えたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

取引先に知られたくない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

審査に自信がない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

借金がある

  • YES
  • NO

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

ファクタリングでクリーンな資金調達

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

安心の2社間ファクタリングなら

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

3社間ファクタリングで堂々と資金調達

診断結果:ビジネスローン

おすすめの会社

セゾンファンデックス

とにかく早く現金化

診断結果:銀行融資

おすすめの会社

三井住友銀行セレクトビジネスローン

負債がなければ銀行融資

診断結果:国民政策金融公庫

おすすめの会社

時間があるなら頼みたい

該当するものがありませんでした

診断をやり直す

リセットする