種類や違いから審査の難易度まで、事業資金の調達方法徹底ガイド

TOP » 会社の事情で選ぶ4つの資金調達方法 » 国民政策金融公庫とは

国民政策金融公庫(現・日本政策金融公庫)の概要

国民政策金融公庫(現・日本政策金融公庫)の資金調達方法とは?

本ページでは、資金調達方法のひとつである国民政策金融公庫(現・日本政策金融公庫)とは何かについて、特色や押さえておきたいポイントなどを解説していきたいと思います。

旧・日本金融公庫、現在の日本政策金融公庫とは、財務省が所管する政策金融機関であり特殊会社であるという位置づけになります。より簡単に言えば、政府が運営する事業者向けの金融機関であり、国から事業を目的とした融資が受けられるというものです。

融資の中でも金利が低い

その魅力はなんと言っても、金利が格段に低いという点です。借入金額や返済期間、担保の有無などにもよりますが、1%前後から高くても2%台で利用できます。これはなかなかの注目ポイントと言えるでしょう。また、融資の種類も豊富に用意されており、例えば、幅広い業種の中小企業が利用できる「普通貸付」、飲食店、喫茶店、理・美容業、クリーニング業、旅館業など向けの「生活衛生貸付」、無担保・無保証人で利用できる「マル経融資(小規模事業者経営改善資金)」などがあります。

なかでも注目は「中小企業経営力強化資金」

所定の要件を満たしていれば、融資限度額は7億2千万円 (運転資金は2億5千万円)、返済期間も設備資金は20年以内、運転資金 7年以内となっています。ただし、前述の通り、「経営革新または異分野の中小企業と連携した新事業分野の開拓」や「『中小企業の会計に関する基本要領』」または『企業の会計に関する指針』を完全に適用している」といった要件をクリアしている必要があります。審査もそれなりにかかりますので、利用するには綿密な準備が必要となることは、しっかりと踏まえておくべきです。

ほぼすべての事業者に対応した融資がある

一方で、日本政策金融公庫にはさまざまな融資プランが用意されているので、業種や目的など、幅広いケースに合致するものを選ぶことができます。例えば、一度廃業を経験した方向けの「再挑戦支援資金」や、社内のIT設備を整えたい場合の「IT資金」などなど。さまざまな業種や目的に合致するものがあるはずですので、ぜひ探してみてください。

なお、つけ加えておきますと、審査には概ね1ヶ月程度が必要となり、また所定の期間ごとに、業務や業績の報告義務があるといった点に、留意しておいてください。

本サイトおすすめの事業資金調達方法はこちら

今からできる
資金調達方法チェックシート

売掛金がある

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

手数料は抑えたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

取引先に知られたくない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

審査に自信がない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

借金がある

  • YES
  • NO

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

ファクタリングでクリーンな資金調達

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

安心の2社間ファクタリングなら

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

3社間ファクタリングで堂々と資金調達

診断結果:ビジネスローン

おすすめの会社

セゾンファンデックス

とにかく早く現金化

診断結果:銀行融資

おすすめの会社

三井住友銀行セレクトビジネスローン

負債がなければ銀行融資

診断結果:国民政策金融公庫

おすすめの会社

時間があるなら頼みたい

該当するものがありませんでした

診断をやり直す

リセットする