種類や違いから審査の難易度まで、事業資金の調達方法徹底ガイド

TOP » 会社の事情で選ぶ4つの資金調達方法 » ファクタリングとは

ファクタリングの概要や注意点などを解説

ファクタリングとは、どのような資金調達方法?

本ページでは、資金調達方法のひとつであるファクタリングとは何かについて、特色や押さえておきたいポイントなどを解説していきたいと思います。

ファクタリングとは簡単に言えば、ビジネスにおいて売上を上げているものの、その代金の支払いがまだ先になるという場合に、その代金分を専門業者に依頼して用立ててもらうという方式です。帳簿上は黒字でも、実際の入金はまだ先で、運転資金が確保できないといった場合に、新たに借金をすることなく資金調達をすることができます。

ファクタリングの鍵となるのは「売掛金」

前述しました通り、ファクタリングとは商品やサービスなど提供し終わっているものの、その代金の支払いは数ヶ月先となっている状態の「売掛金」(受取手形なども含む)を、その支払い期日前に専門業者に依頼して、現金化を前倒しするというやり方です。つまり、売掛金さえあれば、融資を信金に申し込むといったことをしなくても、資金調達ができるというわけです。ただし、業者に手数料や割引料を支払う必要があるので、売掛金の100%を入手できるわけではない点に注意が必要です。

2社間取引と3社間取引とは?

ファクタリングには、2社間取引と3社間取引という種類があります。2社間取引は自社とファクタリング業者間で取引を完結させ、売掛金の請求先にはファクタリングを行うことを知らせない方式。後に、売掛金が入金された時点で、業者が「立て替えた分」を支払うと言えば分かりやすいでしょうか。一方、3社間取引は売掛金の請求先にも取引事実を伝えた上で取引を行い、売掛金回収は専門業者が行う方式です。一般的に、2社間取引は3社間取引よりも手数料が割高になります。また業者によっては2社間取引に対応していない場合もあります。

「償還請求権無しの買取」とは?

ファクタリングは上記の通り、後日支払い予定の売掛金を前倒しして現金化するという方法です。そうした場合にもしも、売掛金の請求先の企業が支払い前に倒産してしまったら・・・。そのような場合、ファクタリング会社は依頼した企業に支払いを求めます。これが「償還請求権有りの買取」になります。一方、「償還請求権無しの買取」では、たとえ請求先企業が倒産したような場合でも、その債権は依頼した企業に請求しないという内容になります。この点についても、ファクタリング会社によって対応が異なりますので、予め確認しておきましょう。

本サイトおすすめの事業資金調達方法はこちら

今からできる
資金調達方法チェックシート

売掛金がある

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

手数料は抑えたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

取引先に知られたくない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

審査に自信がない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

借金がある

  • YES
  • NO

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

ファクタリングでクリーンな資金調達

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

安心の2社間ファクタリングなら

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

3社間ファクタリングで堂々と資金調達

診断結果:ビジネスローン

おすすめの会社

セゾンファンデックス

とにかく早く現金化

診断結果:銀行融資

おすすめの会社

三井住友銀行セレクトビジネスローン

負債がなければ銀行融資

診断結果:国民政策金融公庫

おすすめの会社

時間があるなら頼みたい

該当するものがありませんでした

診断をやり直す

リセットする