種類や違いから審査の難易度まで、事業資金の調達方法徹底ガイド

TOP » ファクタリング・ビジネスローンでおすすめの会社10選 » オリコ

オリコの評判や特色について解説

オリコのビジネスローンの特徴

オリコ加盟店・オリコクレジット利用者向けのビジネスローン

オリコでは、「オリコビジネスサポートプラン」と銘打ったビジネスローンを用意。これはオリコ加盟店・オリコクレジット利用者向けのプランとなっています。逆に言えば、オリコのクレジットカードさえ作っておけば、いつでも利用への道が開かれるということです。ただし、業歴1年以上という条件がありますのでご注意を。

「証書貸付タイプ」と「クレジットライン設定タイプ」がある

証書貸付タイプは申込みの都度、証書貸付契約を締結する方式で、比較的まとまった資金需要向けです。クレジットライン設定タイプはあらかじめ資金枠を設定し、この枠内での貸し借りを行う小口融資向けのプランとなっています。前者は100万円~1,000万円まで、後者は50万円~500万円までとなっており、1万円単位での利用が可能です。

法人だけでなく、個人事業主にも門戸を解放

信販系大手だけあり、法人はもちろん個人事業主にも門戸を解放しているのは大きな特色です。業歴1年以上という条件はありますが、オリコのクレジットカードを保有していれば利用できるということは、ハードルが低いと言えるのではないでしょうか。

「証書貸付タイプ」と「クレジットライン設定タイプ」の違い

証書貸付タイプとクレジットライン設定タイプは、融資額などの他に、申込方法や利用場面なども異なっています。この両者の違いは、次の通りです。

証書貸付タイプ クレジットライン設定タイプ
申込方法 その都度証書貸付契約を締結 設定された資金枠を上限に繰り返し利用可能
利用場面 比較的大口の融資が必要な場合 小口の融資を繰り返し利用したい場合
融資可能額 100万円~1,000万円 50万円~500万円
返済回数 1~60回 1~36回
返済期間 最長5年 最長3年

「証書貸付タイプ」は融資額が大きく返済期間も長い

証書貸付タイプでは、融資を受けるたびに証書の貸付契約を結ぶ必要があります。そのため、融資に手続きが必要となりますが、その分融資可能額は大きく、最大1,000万円まで可能です。融資可能額が大きいため、返済回数は60回まで、返済期間は最長5年までと返済に融通が利き、100万円程度の少額借り入れの場合では、クレジットライン設定タイプよりも返済が楽になります。

「クレジットライン設定タイプ」は気軽に融資を受けられる

一方、クレジットライン設定タイプは、決められた資金枠の中でいつでも融資を受けることが可能で手軽です。小口の融資を何回も受けたいという場合に適していて、証書貸付タイプに比べて融資可能額は少額となります。また、返済回数、返済期間とも証書貸付タイプより少なくなるため、上限近くまで融資を受けた場合は、返済が厳しくなる可能性もあるでしょう。資金枠は100、150、200、300、400、500万円のいずれかになります。

メリット1:審査に通りやすく担保・保証人不要

オリコビジネスローンのメリットとしては、審査が厳しくなく、比較的通りやすいことが挙げられます。自宅に固定電話がなくても申込可能で、比較的年収が低い個人事業主であっても、審査に通る場合が多いでしょう。法人の場合は連帯保証人が必要な場合もありますが、基本的には担保や第三者保証が不要なので、利用しやすいところが最大のメリットです。

メリット2:来店なしで申込可能

申込に際してはオリコの店舗に足を運ぶ必要はないので、店舗に出向く時間がないという方にとっては大きなメリットとなります。申込は資料に同封されてくる書類に必要事項を記入し、資金繰り表、事業計画書、決算書などと一緒に、オリコに返送するだけです。また、ファックスでの申込も受け付けているので、できるだけ早く資金調達をしたいとい方にも対応できます。

メリット3:年収の1/3以上の融資が受けられる

オリコのビジネスローンでは、個人事業主が融資を受ける場合、年収の1/3以上の融資を受けることができます。「年収の1/3までの融資」というのは総量規制という賃金法による規制が適用されるためですが、オリコのビジネスローンを個人事業主が利用する場合、証書貸付タイプとクレジットライン設定タイプの両方とも、総量規制の対象外です。

デメリット1:金利は銀行系のローンよりも高め

オリコビジネスローンのデメリットは、銀行系のローンよりも金利が高めに設定されている点です。利率は6.0~15.0%に設定されており、新規での申し込みの場合、8.4%からとなっています。最低2.0%前後~4.0%前後となっている銀行の邦人用ローンと比較すると、高めであることは間違いないでしょう。

デメリット2:債務超過の法人は利用できない

法人での利用の場合、直近の決算期で債務超過であった場合は、利用することができません。ファクタリングとは違い融資なので、オリコに限ったことではありませんが、事業運営が苦しい場合には利用できない資金調達法です。

オリコの口コミ評判

「メインバンクに融資を相談したところ時間がかかるとされ、オリコのビジネスローンを利用しました。対応も迅速で助かりました」

「高額ではないものの、事業資金が必要となり、知名度の高いオリコのローンを利用しました。手続きも手軽にでき、便利だと思います」

「1,000万円融資のプランを問い合わせたところ、対応もよく説明もわかりやすかったです。条件が合わず断念しましたが、できれば利用したかったです」

「オリコビジネスサポートプラン」の融資

証書貸付タイプ 100万円~1,000万円
クレジットライン設定タイプ 50万円~500万円
金利 8.4%~15.0%

オリコの基本情報

社名 株式会社オリエントコーポレーション
本社所在地 東京都千代田区麹町5-2-1
登録番号 関東財務局長(12)第00139号
営業時間 9:30~17:30
休業日 土、日、祝日、年末年始

今からできる
資金調達方法チェックシート

売掛金がある

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

手数料は抑えたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

取引先に知られたくない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

審査に自信がない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

借金がある

  • YES
  • NO

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

ファクタリングでクリーンな資金調達

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

安心の2社間ファクタリングなら

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

3社間ファクタリングで堂々と資金調達

診断結果:ビジネスローン

おすすめの会社

セゾンファンデックス

とにかく早く現金化

診断結果:銀行融資

おすすめの会社

三井住友銀行セレクトビジネスローン

負債がなければ銀行融資

診断結果:国民政策金融公庫

おすすめの会社

時間があるなら頼みたい

該当するものがありませんでした

診断をやり直す

リセットする