今日からできる事業資金調達方法

種類や違いから審査の難易度まで、事業資金の調達方法徹底ガイド

事業資金の調達方法でお困りのあなた

事業を進めていくうえで、資金繰りが上手くいかない状況に出くわす場面は多々あります。そんな急を要する事態を切り抜けるための資金調達方法をご紹介。今日からできる事業資金調達で、資金繰りを安定させましょう

あなたに合った資金調達方法

資金繰りが苦しい場面で、本当に頼るべき資金調達方法をご紹介。会社に合った方法で経営を助けるための資金調達を見つけてみてください。

すぐに資金が必要。
おすすめの事業資金調達法は?

資金繰りで迷ったら頼りたい
4つの方法

本サイトは事業資金を調達するにあたり、その方法の種類やそれぞれの特徴、審査の難易度、メリット・デメリットなどの情報をとりまとめて紹介していきます。
「売掛金の有無」と「調達スピード」の2軸でニーズに合った方法が明確にわかる表を作成しました。状況に合った資金調達方法を選択してみてください。

  • 銀行融資

    時間的猶予があり、審査通過に自信があるなら

    審査期間が長い銀行融資ですが、金利が低く悪徳金融とも無縁なので、安心して借り入れすることができます。審査が厳しいので、しっかりとした返済計画や資金繰りの資料を用意する必要があります。

    おすすめの会社はこちら

    おすすめ業者はこちら

    銀行融資の先駆けといえる金融商品。無担保・第三者保証不要の中小企業向けローン。

    三井住友銀行セレクトビジネスローン

    三井住友銀行セレクトビジネスローン

    融資:限度額/1億円以内

    審査:大変厳しい(脱税・債務超過のない事が前提)

  • ビジネスローン

    売掛金がなく、つなぎ資金がどうしても必要なら

    審査が甘く、即日で融資してくれるところも多いのがビジネスローンの魅力。しかし、将来的に銀行融資を考えているのであれば、貸付金履歴が残ってしまい、融資を申し込む際の審査に通りにくくなります。

    おすすめの会社はこちら

    おすすめ業者はこちら

    数あるビジネスローンの中でも、下限金利が低いのが注目ポイント。

    セゾンファンデックス

    セゾンファンデックス

    融資:限度額/9,999万円

    審査:普通(過去にローンの遅延/債務整理がなければ)最短即日

  • 日本政策金融公庫

    高額融資を時間をかけて用意するなら

    審査に時間がかかる日本政策金融公庫ですが、小規模事業・中小企業向けの貸付も可能で、限度額は7億円とかなり高額。ただし、書類の準備と納税が必須となり、審査も厳しくなっています。

    おすすめの会社はこちら

    おすすめ業者はこちら

    政府運営の中小企業向け貸付機関。高額融資が可能で金利も低いことが特徴。

    中小企業経営力強化資金

    中小企業経営力強化資金

    融資:限度額/7億2千万円

    審査:厳しい(税金完納が条件)1~2週間

  • ファクタリング

    売掛金があり、早く確実に資金調達したいなら

    売掛金さえあれば、審査はほぼ通るといわれています。買取という形式上、審査に通れば即日融資も可能な点と貸付ではなく買取なので、貸付金履歴も残らず、会社経営を上手く持ち直すことも期待できます。

    おすすめの会社はこちら

    おすすめ業者はこちら

    スピード感ある取引で即現金入手。中小・個人で他融資を断られた人の最後の味方。

    アットマネジメントジャパン

    アットマネジメントジャパン

    融資:限度額/5,000万円

    審査:激甘(売掛金があれば可能)最短即日

おすすめはファクタリング!

売掛金さえあればすぐにできる資金調達方法

ファクタリングの強みは、リスクを最小に抑えた素早い現金化。売掛金を買い取ってもらうことで現金化できるので、元ある資金を前倒しで動かせるようにする方法です。他の資金調達でも手数料が発生しますが、ファクタリングでの手数料は通常で5-8%、2社間取引で10-20%が相場。なぜ、2社間での手数料が高くなるかというと、取引先に明示しないことでファクタリング会社側のリスクが高まる点が一つの理由になります。取引先に売掛金の買取を知らせて許可を取ったうえで現金化する取引を3社間と呼び、3社間の方が手数料も低くなりますが、その分手続きに時間がかかります。現金化が緊急を要する場合には2社間でスピーディーな取引を選択すべきでしょう。

会社の事情で選ぶ
4つの資金調達方法

事業資金調達で肝心なのは、それぞれの方法の特徴や違いをしっかり理解した上で、自社に最も適したものを選ぶことです。

例えば、ファクタリングは買取取引なので、借金をしないで済む資金調達方法だという点が特徴です。売掛金を持たない会社であれば、貸付やローンで資金繰りをする事も視野に入れるべきですが、売掛金を持っているのであれば、ファクタリングによる資金調達が最速・最善の方法だと言えます。

  • 銀行融資

    経営が上手くいっていたのに
    資金繰りが苦しくなった方へ

    事業資金の調達方法として、真っ先に思い浮かぶのは「銀行融資」でしょう。金利の面では一番低く、それこそ借りることができるならば、一番確実で安全と言えます。しかし、これまでの経歴や債務の履歴に少しでも懸念材料があると審査に落ちてしまうという厳しい現実も…。さらに、申し込んでから融資可能となるまでの時間もかかるため、緊急に資金を用意しなければならない場合、頼ることは困難です。

  • 国民政策金融公庫

    時間に余裕があれば
    しっかりと公的機関で借りたい方

    銀行融資に次ぐのが、かつての国民政策金融公庫――現在の日本政策金融公庫に代表される政府系金融機関の融資です。業種を問わず利用できるものから、特定の業種向けのものまで、幅広いプランが用意されています。ただし、この場合も銀行融資ほどではないものの、審査条件の高さや融資が実行されるまでの時間といったハードルが存在しています。

  • ファクタリング

    資金繰りが苦しい時の
    最後の味方

    近年注目を集めている資金調達方法として、ファクタリングというものがあります。大きな特徴はズバリ、借金をすることなく、資金が調達できるという点。その仕組みは、商品やサービスを提供し終わっているものの、その代金の支払いはまだ先となっている売掛金を支払期日に先駆けて、専門業者に買い取ってもらい現金化するというもの。そのため審査のハードルは非常に低く、現金化まで数日というメリットがあるので、売掛金があるなら積極的に利用したい資金調達方法になります。

  • ビジネスローン

    とにかくスピーディーに!
    緊急を要した方

    いわゆる「つなぎ融資」のような緊急の資金調達として行う最後の手段となるのが、ビジネスローン。審査のハードルや現金化までの期間は、ファクタリングとほぼ同等。しかしビジネスローンは債務と見なされるため、会社の信用度にも影響を与えます。将来的に銀行融資を受ける際の審査にも関わってきますので、決断は慎重に行うべきです。

ファクタリングが事業資金の調達

優れている4つの理由

事業資金を調達する方法として注目されているのが「ファクタリング」になります。
借金をせずに事業資金を調達できるというのがファクタリングの最大のメリット。本来であれば支払われているはずの売上金が取引先の都合で先延ばしになっている場合に、専門業者に依頼して現金化を前倒しするという方法です。積極的に利用を検討すべきでしょう。
さらに、ファクタリングには以下の4つのような利点もあります。

  • 債務超過のリスクゼロ

    資産の買い取りという資金調達

    銀行から融資を受けるためには、帳簿が整理されている事が大前提です。銀行融資の審査は厳しく、資金繰りをクリーンな状態でおこなう方が確実に進められるので、貸付金などの履歴を作らない事がベター。ファクタリングは、売掛金を買い取ってもらう資金調達方法なので、他の融資とは異なり、債務超過を抱える事なく資金を調達できます。スマートに資金繰りをする上で、まさにうってつけの事業資金調達方法です。

  • 時間をかけずに現金化できる

    低リスクでハイスピードな取引

    ファクタリングは、銀行融資や国民政策金融公庫のように時間のかかる審査はありません。売掛金が正当なものかどうかを判断して審査するので、最短でも即日、遅くても数日で調達する事ができます。 ビジネスローンもかなりスピーディーな取引が魅力ですが、ローンは債務超過とみなされ、将来的に融資を受ける際の審査でマイナス要素となってしまうため、相対的に見てもファクタリングの方が、経営をうまくやりする上で優れているといえるでしょう。

  • 他の融資に比べて審査が通りやすい

    用意すべき書類は売掛金に関する数点のみ

    他の融資による事業資金調達方法に比べて、ファクタリングは償還請求権を持たない契約となるため、現金化をするのに特に審査を必要としません。必要なのは、売掛金が正当な出所のものかどうかを証明する書類数点のみ。償還請求権を持たないため、売掛金の支払いが出来なくなってしまった場合には、ファクタリング会社が代わりに回収をする契約になります。運用資金のやりくりに困っている場合は、当然他社の支払いを気にする余裕もないので、利用者にとって非常に易しい契約だといえます。

  • ファクタリングで勘定科目・貸借対照表を簡素化して、融資審査も有利に

    資産の整理にもつながる現金化

    売掛金とは、一定期間後に賃金を支払う事が約束された資産となります。売上取引上で現金が発生するのは、実際に入金されたとき。ファクタリングは、売掛金の入金を待つことなく今必要な資産を現金化して、動かせるようにする調達方法です。複雑な項目の多い貸借対照表をファクタリングで現金化することで、企業の資産を整理することができます。運転資金を動かしやすくするほかに、銀行融資審査の際にも勘定科目周りをスリムにしておくことで債務超過や不明瞭な項目が簡素化され、審査に通りやすくする働きも持っています。

悩み別・ファクタリングに
頼りたい資金繰りの
シチュエーション

例えば、ビジネスそのものは順調なのに、それに見合うだけのお金が入ってこない。あるいはビジネスを拡大するチャンスなのに資金の目処が立たない。実際に会社を経営している方であれば、そうした事態や状況に直面することも多々あるはずです。そうした窮地から脱出する手段として、ファクタリングは大きなメリットを発揮してくれます。経営者が直面しがちな7つの状況ごとに、ファクタリングのもつ効果や具体的な事例を紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

  • 給料が払えない

    会社経営をしていく上で、予期せぬ事態によって、社員の給料が払えなくなってしまうこともあります。売掛金があるようであれば、先にそれを現金にしてしまって、社員たちの給料に充てる事も可能なので、ファクタリングで現金化をする方法は有効です。社員がいなければ会社は動かせず、衰退の一途をたどるのみ。このページでは、資金調達を行うことで、給料の未払いを回避した事例を紹介しています。

  • 次の仕入れができない

    経営を循環させる中で、仕入れができなければ、事業を回す事が出来なくなります。事業を回せない、という状況下で一番怖いのは、目の前にチャンスが転がってきても何もできないこと。ビジネスは常に何が起こるかわかりません。それは良いことも悪いことも同じです。悪循環を脱するためのチャンスは、必ずどこかにあります。このページでは実際に、ビジネスチャンスを泣く泣く逃した事例とそれを防ぐための方法を紹介しています。

  • 必要な運転資金が足りない

    様々なタイミングが重なって資金繰りで身動きが取れなくなってしまうのは、経営上もっとも恐ろしいことですが、下請けになればなるほど、そういった事態は十分あり得ます。運転資金不足は突然やってくるので、審査時間を考えると銀行からのつなぎ資金でやりくりできるかどうかも危ういほど、切羽詰まったものになる可能性も大アリです。このページでは、運転資金の上手い調達方法と選び方を紹介しています。

  • 人件費が高すぎるので削減したい

    会社を動かすためには、人を動かす必要があります。人を動かすためには賃金が必要です。しかし、会社を経営していく上で、人件費というものは頭を悩ませる要素でもあります。「利益を出すために人件費を減らしたい…。」本当にそれは正しい判断でしょうか。このページでは、人件費を賄えない場合の上手な回避方法を紹介しています。

  • 固定資産税が払えない

    固定資産は会社組織も課税対象です。税金は納める義務があるので、必ず抜けがないようにしたいところですが、税金に圧迫されて、会社経営どころではなくなってしまう場合もあります。経営でする失敗は次の事業への糧にもなりますが、税金は納めるだけで、業務にはかかわりがありません。しかし、納めないと経営もさせてもらえないのです。このページでは、実際に固定資産税を滞納・未納をした場合に考えられる最悪のケースと回避方法を紹介しています。

  • 手形が落ちない

    手形は日本のビジネスで慣習的に使われてきた取引の1つですが、不渡りとはそれら手形の支払が順当に行われないことを指します。取引先から手形金が支払われないのみならず、自社の不備で支払いが行われなくなってしまうことは最も避けなければならない事です。このページでは、資金調達によって不渡りを出さないための方法を紹介しています。

  • 無担保の融資を受けたい

    会社経営で融資を受ける場合、その後の資金繰りの方法も考えなければなりません。無担保融資ともなると、その審査は慎重且つ厳正に行われる事になるので、これまでの資金繰りを洗いざらい見せられる状態に維持しておくことが重要になってきます。このページでは、資金調達を行う上で、無担保融資を有利に進めるためのやりくりを紹介しています。

ファクタリング・ビジネスローン
でおすすめの会社10選

資金調達に限らずすべての分野で共通することですが、業者や依頼先を選ぶ際に重要なのは、それぞれの業者がどのような特性があり、どのような違いがあるのかをしっかり調べることです。また、ファクタリングの業者とビジネスローンの業者では、判断すべきポイントも異なってきますので、それについてもキチンと把握しておくことが重要。本サイトがおすすめできるファクタリングとビジネスローンの会社10社をピックアップしましたので、こちらもぜひ参考としてみてください。

  • オリコ

    ビジネスローン会社として有名なオリコ。オリコの融資方法は「証書貸し付けタイプ」「クレジットライン設定タイプ」の2つがあります。詳細ページでは上限額や方法、利用者の口コミを掲載しています。

  • オリックス

    「いつでもどこでも」が魅力のビジネスローン。カード審査も比較的通りやすいので、経営者や個人事業主の方は1枚持っておくと安心です。詳細ページでは、申込から利用、口コミを掲載しています。

  • ビジネスパートナー

    来店不要のビジネスローン。無担保・無保証人で最大500万円まで融資が受けられる点も個人事業主にとっては非常に使いやすいポイントです。詳細ページでは、基本的な特徴のほか、金利や利用者の口コミなどを掲載しています。

  • アットマネジメント
    ジャパン

    リピーター急増中のファクタリング会社。複雑なファクタリング契約の説明も分かりやすく伝えてくれるので、初めて利用する人も安心して依頼できます。詳細ページでは、買い取り実例や利用者の口コミを掲載しています。

  • アイフル

    最小で1万円からの少額融資も対応可能な有名金融会社アイフル。小規模事業者向けのビジネスローンを展開しており、スピーディーな融資が魅力です。詳細ページでは、プランの説明や金利の他、利用者の口コミも掲載しています。

  • 三共サービス

    15年続くファクタリング会社。高額であっても老舗だからできるスピーディーな現金化が魅力です。審査の目も適切で、確実に見極めて買取を行っています。詳細ページでは、ファクタリングの方法のほかに利用者の口コミも掲載しています。

  • ビートレーディング

    中小企業を中心にファクタリングを行っている会社。資本力が高く、高額の申込も受け入れています。全国展開しているため、実際に最寄りの支店に足を運んで話を聞く事も可能。詳細ページでは、会社の特徴のほか、手数料や口コミを掲載しています。

  • ワダツミ

    3社間ファクタリングを強みに持つファクタリング会社。取引先の企業に売掛金の買い取り許可を得る必要のある3社間ファクタリングは、トラブルになることも少なくありません。ワダツミは、その実績から取引先の説得などのサポート面で心強い味方になってくれます。詳細ページでは、ファクタリングの特徴のほか、口コミなどを掲載しています。

  • トップマネジメント

    素早い無料見積もりが魅力のトップマネジメント。離島・北海道・沖縄以外であればどこでも対応可能なエリアカバー力が魅力です。来店も不要で、ネット上で取引ができる点は手軽な調達方法と言えるでしょう。詳細ページでは、これまでの対応職種や手数料の他に口コミを掲載しています。

  • PMG

    2015年設立の若手ファクタリング会社。下限無しで対応してくれるので、小口の融資金が必要な場合や少額の売掛金であっても買い取ってもらえる点が魅力です。詳細ページでは、手数料のほかに、実際の利用者による口コミを掲載しています。

今からできる
資金調達方法チェックシート

売掛金がある

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

なるべく早く現金化させたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

手数料は抑えたい

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

取引先に知られたくない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

審査に自信がない

  • YES
  • NO

今からできる
資金調達方法チェックシート

借金がある

  • YES
  • NO

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

ファクタリングでクリーンな資金調達

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

安心の2社間ファクタリングなら

診断結果:ファクタリング

おすすめの会社

アットマネジメントJAPAN

3社間ファクタリングで堂々と資金調達

診断結果:ビジネスローン

おすすめの会社

セゾンファンデックス

とにかく早く現金化

診断結果:銀行融資

おすすめの会社

三井住友銀行セレクトビジネスローン

負債がなければ銀行融資

診断結果:国民政策金融公庫

おすすめの会社

時間があるなら頼みたい

該当するものがありませんでした

診断をやり直す

リセットする